シミ シミ

シミ

あなたのシミはどのタイプ?
シミのタイプによって治療法がかわります。

老人性色素斑

30代頃から発症。顔や四肢など紫外線の当たる部分にでやすいシミです。境界明瞭な色素斑(シミ)で、色の濃さや大きさや数は様々です。長年、紫外線にあたることが原因です。
治療法
レーザーフェイシャル
ゼオスキンヘルス
老人性色素斑
老人性色素斑

ソバカス

小児期に発症。小さい(1~5mm程度)色素斑が両頬、鼻など、顔の中心に左右対称に見られます。色白女性に多く、思春期に目立つようになり、中高年では目立たなくなる傾向があります。妊娠や日焼けで悪化しやすいのが特徴です。
治療法
レーザーフェイシャル
ゼオスキンヘルス
ソバカス
ソバカス

肝斑

30~40代頃から発症し、額や頬に左右対称にみられる褐色の色素斑。
原因として、女性ホルモンのバランスや妊娠・出産時のホルモンの変動、紫外線や皮膚への過度の刺激(洗顔時にゴシゴシ洗うなど)などが関係しています。
日によって、季節によって、色が濃くなったり、うすくなったりします。
治療法
ケミカルピーリング
ゼオスキンヘルス
トラネキサム酸イオン導入
外用薬・内服薬
肝斑
肝斑

炎症後色素沈着

かぶれ、湿疹、ニキビ、傷あとなど皮膚の炎症が治った後にできるシミ。レーザー治療後にも見られることもあります。
治療法
ケミカルピーリング
エンビロン イオン・超音波導入
トラネキサム酸イオン導入
ゼオスキンヘルス
外用薬・内服薬
炎症後色素沈着
炎症後色素沈着
美肌注射
【一緒におすすめ】美肌注射
レーザーやミルクピール、イオン導入時に一緒にどうぞ。施術を受ける時間がない時にもおすすめです。