ピアス   ピアス
HОМE > 美容皮膚科 > ピアス

ピアス

耳に穴をあけるピアッシングは医療行為です。医療機関で安全に行うことをおすすめします。
当院では医師がピアッシングを行います。

はじめてのピアッシングで悩むのが穴の位置です。ピアッシング希望の方は鏡があるパウダールームへご案内します。
どこに穴をあけるのかは人それぞれに好みがありますので、鏡で確認しながらご希望の部位に印を付けていただきます。
手鏡でみるだけでなく、大きい鏡で少し離れて見て確認すると良いですよ。
スタンダードなピアスの穴の位置は?

スタンダードなピアスの穴の位置は?

耳たぶの下縁からも、耳の前線からもおよそ7mm前後の位置が、バランスがとれやすく、重いピアスをさげても耳たぶが切れにくいといわれています。耳たぶの形には主に、先細り型、水平型、下垂型と3種類ありますが、左右違う形のこともあります。
耳の形が違う人は、正面から見た時に左右で大体同じところに見えるような位置がバランスよく見えます。
スタンダードなピアスの穴の位置は?

つけたいピアスはどんなタイプ?

大きいピアスか、小さいピアスかで同じ位置でも印象が変わります。
つけたいピアスがあれば持参していただき、あわせてみると参考になります。

※ピアッシングの際は、当院指定のファーストピアスを使用しますので、市販のピアス(セカンドピアス)をつけられるのは、
ピアッシングのおよそ4~6週間後ピアスの穴が完成してからになります。

ピアスの穴はいくつ開けますか?

一つだけなのか、2つ、3つと開けたいのかによって位置が変わってきます。
いくつ穴をあけるのかも考えて穴の位置を決めましょう。
ピアスの穴はいくつ開けますか?

ピアッシング 治療の流れ

①診察して耳たぶ皮膚の状態を確認し、ピアッシングの説明をします。治療同意書にサインをいただきます。
②孔をあけたい部分に印をつけ、痛みを軽減するために耳たぶを冷やします。
③耳たぶを消毒し、専用の器具でピアッシングをします。
④鏡でピアスのついた状態を確認します。スタッフよりアフターケアについて説明致します。
ピアッシング 治療の流れ
ピアッシング 治療の流れ

よくある質問Q&A

Q1 ピアスを開けた当日はシャワー、入浴はできますか?
当日からシャワー、入浴は可能です。洗髪もOKです。
Q2 どのくらいでピアスの孔はできますか?
約4~6週間程度です。孔が完成するまでファーストピアスは装着したままにして下さい。
Q3 ピアスの孔ができるまで注意することはありますか?
パーマ液は刺激が強いのでピアス孔が安定するまで、またサウナや長時間の日光浴もピアスがはずせるようになるまで控えて下さい。
着替えのときにピアスをひっかけないように注意してください。
Q4 耳たぶの端にピアスの孔をあけることはできますか?
端に開けることはできますが、あまり端だと大きいピアスをつけたときに耳が切れたり、ピアスが下を向いてしまう原因になります。
横から見た状態も考えて位置を決めましょう。

施術料金

両耳 5,000円(税別)
片耳 3,200円(税別)
消毒液 900円(税別)