分子栄養療法 分子栄養療法
HОМE > 分子栄養療法

分子栄養療法

私たちの体は約60兆個の細胞からできています。分子栄養療法とは、体を構成する細胞レベルで機能を整えて病気を改善する方法です。体がだるい、疲れやすい、胃腸の調子が悪い、めまい、耳鳴りなど、体の不調があるのに、病院の検査では異常なしといわれ原因がわからないケースでも、分子栄養医学的に異常が認められる場合があります。

対象となる病気・症状
皮膚疾患:アトピー性皮膚炎、じんましん、ニキビ、掌蹠膿疱症、脂漏性皮膚炎
その他の疾患:月経不順、PMS(月経前症候群)、不妊・流産、更年期障害
肥満・ダイエット、めまい、貧血、自律神経失調症、過敏性大腸症候群、
慢性疲労、副腎疲労症候群
原因不明の体の不調・不定愁訴
分子栄養療法イメージ 分子栄養療法イメージ

分子栄養療法で行う検査

血液解析
タンパク不足、ビタミン・ミネラルの過不足、血糖調節障害、脂肪肝の有無、酸化ストレス、交感神経の緊張状態、胃酸や消化酵素の状態などを血液検査で調べます。結果が出るのに1週間ほどかかります。
料金:初回カウンセリング料3,000円
検査費用 初回15,000円、2回目以降10,000~12,000円(※2回目以降は検査内容による)
毛髪ミネラル検査
毛髪中に含まれる有害金属の排泄や、体内のミネラルバランスをみる検査です。
後頭部の毛髪を根元から3cmほどカットして調べます。結果が出るのに約1か月かかります。
料金:初回カウンセリング料3,000円、検査費用18,000円
遅延型フードアレルギー検査
食物に対するアレルギーの有無や消化管の状態(リーキーガットシンドロームの有無)を評価する重要な検査です。
腸内の悪玉菌カンジダに対する抗体価を調べることもできます。結果が出るのに約1か月かかります。
料金:初回カウンセリング料3,000円、検査費用30,000円
有機酸尿検査
尿中の有機酸化合物および他の代謝副産物を調べることで、人の体内で起こっている細胞レベルでの異変や、身体の機能や栄養素の状態を知ることができる検査です。腸内環境、ミトコンドリア機能、神経伝達物質、栄養素など様々な情報を得ることができます。
検査キットをお渡ししますので、ご自宅で朝一番の尿を取り、検体を検査会社に送ります。検査や注意事項については、受診時にご説明いたします。結果が出るのに約1か月かかります。
料金:初回カウンセリング料3,000円、検査費用36,000円
※表示価格は税別です。
分子栄養療法で行う検査
分子栄養療法で行う検査

治療

検査結果にもとづいて、タンパク質やビタミン・ミネラルの代謝、腸内環境、有害金属の影響、副腎疲労の程度などを評価します。

〈食事指導〉
食事日記をつけてもらい、食事内容や食事のとり方の見直しをします。
グルテンフリー・カゼインフリーを基本とし、糖質制限は症状に合わせて行います。

〈腸内環境改善・デトックス〉
プロバイオティクスの投与、症状により抗菌効果があるサプリメントの使用、チオール含有食品の摂取など。
大型魚の過度の摂取は控えるようにします。

〈サプリメント〉
病状や予算に合わせて、必要なサプリメントのアドバイスを致します。
例)アトピー性皮膚炎:乳酸菌、消化酵素、グルタミン、ビタミンA、亜鉛、ヘム鉄

〈点滴・注射〉
症状に合わせて行います。
グルタチオン点滴:重金属デトックス、化学物質暴露、パーキンソン病、全身倦怠感の改善
注射・点滴メニューはこちら

〈漢方薬〉
漢方薬には副腎疲労に効果がある製剤や、消化機能を整えたり、腸内環境改善に役立つ製剤があります。
症状に合わせて漢方薬を処方します。